toburailwayKunの日記

主に、群馬、栃木、埼玉の電車や旅行の様子、感想について書いています。他にも最近の話題について考えたりします。投稿頻度は週1~2回くらいを目指してます。

開業から1週間後のJR相鉄直通線に乗って羽沢横浜国大駅に行ってきた。

今回は、11月30日に開通した、JR相鉄直通線に乗って新しくできた、羽沢横浜国大駅に行ってきました。

f:id:toburailwayKun:20191208105948j:image

新宿から羽沢横浜国大まで行く。

車両は相鉄の12000系だった。

新宿から40分で羽沢横浜国大についた。

ここから武蔵小杉方面をみると、JR線は左右に分岐するが、まっすぐにも線路がある。これは、2022年にここから新横浜を経由して、東急目黒線に直通する予定だからだ。

上から太陽が見えるので。地下深くにあるのではなく、比較的地表の方にある。
f:id:toburailwayKun:20191208110004j:image


f:id:toburailwayKun:20191208152308j:image
西谷寄りをみると、トンネルになっていて、西谷手前まで続いている。

羽沢横浜国大~西谷が今回新しく作った線路を
f:id:toburailwayKun:20191208154635j:image
駅の外に出てきた。この駅はJRと相鉄の境界駅から共用駅だが、相鉄が管理している。
f:id:toburailwayKun:20191208154652j:image

外に出てきた。高層マンションや幹線道路があるが、コンビニなどのお店はない。

駅の前にバス停もある。

駅を見渡した限り、食べ物屋さんもないので、お昼時に来るときは注意が必要である。
f:id:toburailwayKun:20191208154705j:image

少し歩いて、貨物駅の横浜羽沢駅が見渡せるところにきた。天気もよかったので、鉄道マニアや小さい子供連れも多かった。f:id:toburailwayKun:20191208154718j:image
駅に戻ってきた。駅の中を見ていく。

開放的な駅舎で天気がよかったので、駅はかなり明るかった。ここには券売機、案内カウンター、コインロッカー、ジュースの自販機、お菓子の自販機がある。少し遠いが、横浜国立大学の徒歩圏内のため、横浜国立大学の行き方も書いてある。

駅に、キオスクやニューデイズのような売店はない。
f:id:toburailwayKun:20191208152150j:image
路線図と時刻表があった。

朝夕は1時間に3~4本あるが、日中は1時間に2本、30分間隔と横浜市としては少なくなっている。
f:id:toburailwayKun:20191208152057j:image

券売機を見てみる。

運賃表は相鉄とJRの両方がある。

武蔵小杉より、鶴見が安いのは知っていたが、実際見てみると違和感がある。

券売機はチャージ専用機と相鉄の券売機がある。相鉄線内の定期券、PASMOなどが買える相鉄の多機能券売機である。ただ、みどりの窓口指定席券売機がないので、100キロまでの近距離きっぷしか買えない。青春18きっぷや休日おでかけパスなどのおとくなきっぷ、特急券、JRの学割乗車券、などは買えない。武蔵小杉などの近隣のJRの指定席券売機みどりの窓口のある駅にまで行く必要がある。
f:id:toburailwayKun:20191208152206j:image

改札の中も開放的である
f:id:toburailwayKun:20191208152235j:image

新宿方面に降りて、写真では見にくいが、タモリ倶楽部のサインが書いてあるところに行った。

東武ファンフェスタ2019にいってきた

今年も南栗橋車両管区で開催される、東武ファンフェスタにいってきました。4年連続です。

ここでは、感想が多くなり、撮り鉄でないため写真が少なめなのでご了承ください。車両撮影会も並ぶ気力がないので行かなかった。

南栗橋到着

もちろん、東武日光線に乗って南栗橋到着。

改札を出ると、写真が飾ってあった

バスはとてつもなく混むので、歩いて行った

15分くらいかかった。


f:id:toburailwayKun:20191201094251j:image

車両基地に到着

20分前だが、かなりの混雑だった。去年も同じ時間にいったが、ここまでは混んでなかった。


f:id:toburailwayKun:20191201094303j:image


f:id:toburailwayKun:20191201201426j:image

今回の展示車両は8111fだった。去年に続いてである。

開場5分前にやっと動き出した

いよいよ入場

開場15分して、第二陣としてやっと入れた

まず、先に展示車両の8000系丸顔車の8111fを見に行った。

グッズ販売や弁当販売へ


f:id:toburailwayKun:20191201115636j:image

始めに、弁当を買いに行った。ファンフェスタ特製弁当を買った。950円だった。

もう一つ弁当があった。他にも、SL大樹関係の弁当や全国の弁当が売っていた。
f:id:toburailwayKun:20191201115646j:image

その次に、2020年のカレンダーを買った。800円だった。去年は午後に買いに行って売り切れたので、早めに行った。

そのあと、毎年恒例の1000円くじをやった。A賞が当たり、70000系のBトレイン2個と小物が当たった。

工場内へ


f:id:toburailwayKun:20191201115656j:image


f:id:toburailwayKun:20191201115713j:image

今回は500系が展示されていた。下回りを見られるのはこれくらいである。
f:id:toburailwayKun:20191201115724j:image

その奥には、東武野田線の10030系が止まっていた。一部が取り外されてるのが新鮮だった。

f:id:toburailwayKun:20191201115748j:image

行先表示器操作体験をした。
f:id:toburailwayKun:20191201115758j:image

出口のところに東武の色々な写真が飾ってあった。
f:id:toburailwayKun:20191201121648j:image

来年日比谷線直通のライナーで使用される予定の70090系のロングとクロスとの転換のブースがあった。座席はTJライナーのようなカチカチの座席でなく、特急車両のリクライニングしない版と言う感じだ。座席背面にはコンセントとドリンク入れ、があった。真ん中にも肘掛けが気持ち程度である。

足元こペダルを押すと手動で向かい合わせに出来る。4人のグループで使うには勝手がいい。TJライナーでは出来なかった。

ライナー系の列車ではかなりグレードがいいなと思った。

帰りはバス


f:id:toburailwayKun:20191201202013j:image

帰りは歩き疲れたのでバスで帰った。

13時半過ぎに乗ったが、次々に来るため、10分かからず乗れた。そんなにぎゅうぎゅうには乗ってなかった。

バスは結構遠回りをする。

途中バスを撮影している人が結構いて驚いた。

あしかがフラワーパークへ臨時スカイツリートレイン運転

今年もあしかがフラワーパークへ行くひと向けに浅草駅から東武佐野線あしかがフラワーパークまで臨時特急スカイツリートレインが運転される。普段は団体でたまに臨時で入るくらいだ。

あしかがフラワーパーク駅開業以降佐野線にはスカイツリートレインや60000系などかなりレアな車両が乗り入れがするようになった。

佐野まで行きそこから両毛線に乗り換えてあしかがフラワーパーク駅まで行く。両毛線はかなり混雑するので覚悟が必要だ。

運転日12月28日、1月4日、11日、12日

時刻

発売箇所 駅の窓口など、券売機で買うことは出来ない

去年駅員さんに発券してもらったが、臨時で運行頻度が低く、窓際と通路側のようなシンプルな座席でなく、シングルやペアスイート、ツインと特殊なので、発券まで時間がかかった。なので、時間に余裕もって行くべきだと思う。

久喜などでは駅員がきっぷを見なく、ホームの券売機だと買えないので、車内で精算してる方が結構いた。座れない可能性があり、車掌に負担がかかるので、極力控えてほしい。

行き

浅草15:30発、北千住15:41発、東武動物公園16:08発、久喜16:14着、館林16:38着、佐野16:54着

両毛線佐野17:14発、あしかがフラワーパーク駅17時20着

帰り

両毛線 あしかがフラワーパーク20:24発、佐野20:31着

佐野駅20:44発、館林21:07発、久喜21:28発、東武動物公園21:34着、北千住22:02着、浅草22:15着

料金

浅草~佐野

運賃985円(IC)

特急料金1250円

北千住~佐野

運賃902円

特急料金1250円

特急料金はりょうもう号がこの時間帯午後割で840円に対し、特急リバティと同じ特急料金1250円なので、かなり割高だ。

ただ、久喜から乗れば520円ぷらすで乗れる

解説:

この列車は浅草を出ると北千住に止まる。なんと、全てが止まるとうきょうスカイツリースカイツリートレインなのに通過してしまう。また、りょうもう号停車駅の佐野市も通過する。

臨時だが、特急りょうもう号に比べ、少し遅いくらいで、結構飛ばす。

去年の乗車率は半分行かないくらいで結構空いてた。鉄道マニアだけでなく、あしかがフラワーパークに行く人も乗ってた

去年は遅れていたので、普段は70キロくらいまでしか出さない佐野線でも90キロで運行していた。90キロ出してもあまり揺れなかった。

去年も乗ったが、佐野駅到着後、葛生まで回送されて、帰りの便に備えて待つそうだ。

 

 

あしかがフラワーパークの冬の臨時快速について

今年もあしかがフラワーパークでのイルミネーション開催にあわせて週末に大宮や水戸方面から直通の臨時快速が運行される。

ただ、GWのように臨時普通は小山発桐生行きの1本のみで、臨時快速の本数も少なく、運行区間も短い。

ここでは二つの臨時列車について紹介、解説、意見を述べて行きたい。

なお、どちらも乗る予定なので、乗ったら紹介する予定だ。

宇都宮線大宮方面

快速足利イルミネーション

運転日12月1日、7日、8日、14日、15日、21日、22日

車両 253系6両

停車駅と時刻

行き 大宮15時15分、蓮田15時26分発、久喜15時36分発、古河15時51分、小山16時4分着、10分発、栃木16時24分発、佐野16時39分着、41分発、富田16時45分着、あしかがフラワーパーク16時48分着、足利16時54分着

考察

大宮~小山までの所要時間は約50分と普通列車と同等の時間で普通の快速は約40分で走るので、かなり遅いことが分かる。それは数分前に普通列車が走ってるためで、臨時のため、抜かせないからである。また、小山で6分止まるのは、到着2分前に先を走る両毛線が発車するための時間調整となる。

両毛線内も普通と所要時間が変わらないが、すれ違いで運転停車するためと考えられる。また、富田に止まるのは以前あしかがフラワーパークの最寄り駅であしかがフラワーパーク駅と運賃計算じょうは同じ駅の扱いのため、指定席が富田と表示されるからと思う。

253系両毛線走るのはGW以来2回目だ。

東武線に、入らず両毛線に入り両毛線栃木駅に入る。

水戸線常磐線方面

快速 あしかが光の花の庭

運転日2020年1月4日、11日

車両 485系リゾートやまどり

日立14時ちょうど発、常陸多賀14時06分着、10分発、大甕14時15分発、東海14時21分発、勝田14時29分発、水戸14時36分発、赤塚14時44分発、友部14時52分着、15時9分発、笠間15時17分発、岩瀬15時31分発、下館15時45分発、結城15時55分発、佐野駅16時59分着、富田17時4分着、あしかがフラワーパーク17時08着、足利17時15分着

考察

この列車は日立~友部まではかなり頻繁に停まるが、結城駅を出ると佐野駅まで一切止まらない。なんと1時間ちょっとドアが開かない。多分小山は水戸線から両毛線に転線するため、物理的に止まれないのと、栃木は水戸方面をターゲットにしてるためと思われる。小山で水戸線から両毛線への転線が見所である。

1時間止まらないが、普通だと結城~小山まで10分ちょっと、小山~佐野は約30分で行ける。どこかで長時間停車がありそうだ。

大体水戸方面から両毛線の臨時はデッドセクションがあるため651系が入ることが、多いが、今回は数少ない485系のリゾートやまどりと、なっている。3列シートでグリーン車並みに広いが、指定席料金だけで乗れる。

こんなに快適な列車に3時間も乗れる。

③臨時普通列車

小山発桐生行き(各駅に止まる)

桐生方面の下り1本のみ走る。

15時半過ぎに小山を出るのでイルミネーション見るのにちょうどいい。

また、桐生駅で10分の同じホームでの対面乗り換えができる。

主な駅の時刻

小山15時34分発、栃木15時45分発、佐野16時01分発、あしかがフラワーパーク16時08分着、足利16時14分着、16分発、桐生16時32分着

桐生での接続

桐生16時42分発、高崎行き

 

東武ファンフェスタについて

12月1日に東武ファンフェスタかが今年も開催される

概要

日時 12月1日、10時~15時

開催場所  南栗橋車両管区

入場無料

今年で15周年だ。

来場者には20400型のティッシュケースがもらえる。

アクセス

南栗橋駅から徒歩20分

シャトルバスが出ているが、とてつもなく混むので、歩けるのなら、歩くことをおすすめする。

歩けば、電車がたくさん見られるので楽しい

東武日光線で北千住方面から来るときは夕方ラッシュ並みに混むので、覚悟が必要だ。

栃木方面はそれなりには混むが、そこまでではない。

また、南栗橋駅では去年は記念乗車券やコンビニの出張販売をしている。

駅のコンコースの壁には東武鉄道での写真が展示されているので、ファンフェスタに行く前から楽しめる。

内容

ここでは簡単に紹介する。

出展、飲食店、物販

出展は去年だと大宮支社、地方私鉄など、が出展していた。

飲食店は東武ファンフェスタ弁当をはじめ、駅弁?が売っている。他にも、栃木県や埼玉県、群馬県内の飲食店も出店する。

物販は東武商事、東京メトロ、京成など、さまざまな鉄道会社が出店してる。

一番おすすめなのは東武商事でやってる1000円くじである。千円は高いが、必ず1000円以上のものが入っている。

去年やったらなんと特等があたり、Bトレイン2セット、鉄道模型、その他豪華で10000円相当?くらいだった。

東武カレンダーを12時過ぎに買おうとしたら売り切れて、仕方なく、東武から直通してる東京メトロのカレンダーを買った。グッズはどうしても欲しい場合は午前中に一番最初に行くのがいい。

車両洗浄線乗車体験

これは事前申込み制で300人が抽選で普段通れない構内の線路や車両の洗浄を乗りながら体験できる

今回は前回までと変わり1時間前倒しの11時45分集合になっているので気を付ける必要がある。

写真撮影会

撮り鉄ではないので行かなかったが、今回はもうすぐリニューアル前かつチョッパの20000型、1編成工事中でもう1編成も東上線に転属が噂されている、30000系、もラインナップに入っている

もちろん、100系500系、634系、60000系、70000系のお馴染みのものもある。

車両工場見学会

工場内を見学するものである。

去年は入り口のところには塗装が剥がされ真っ白なりょうもう号の200系が展示されていた。

また、出口側には緊急時以外、普段は絶対に押してはいけない非常ボタン体験があった。

体験後にはメモ帳などがもらえた。

去年は外で20000型リニューアルおよび一部廃車により出たつり革も売っていた。

中のもので一番の目玉は車掌体験であろう。

廃車扱いになった6050系で運転できた

旧型客車リニューアル前最後SLぐんまよこかわに乗ってきた。

今回はSL県民の日号に乗ってきました。

車内の写真は4人のうち3人または4人乗ってるという横川から高崎ではめったにない混雑でほとんど写真を撮らなかった。

最初は窓際しか空いてなかったが、前日探したらたまたま窓際が一つ空いてたのでそれに変更した。

車内を見渡して見ると、小さい子どもと親と乗っている方が多かった。隣の人もそうだった。

平日なのに大学生以上の鉄道マニアも多数乗っていた。

ちなみに、去年乗ったときは休日なのに乗車率が低かった。

多分、旧型客車リニューアル前の最後の運行ということで、SLぐんまみなかみは満席になることもあるが信越線のSLでは珍しい。

様子や感想を中心になりますのでご了承ください。

横川駅到着ヘッドマーク装着見学

 

高崎から30分ちょっとで横川駅に着いた。

到着後すぐに、ヘッドマークを装着のイベントをするので、見に行った。

SLが止まってる3番線は混んでいたので、到着ホーム1番線で見学をした。


f:id:toburailwayKun:20191028151316j:image


f:id:toburailwayKun:20191028151325j:image


f:id:toburailwayKun:20191028151335j:image

このように、大勢の人だかりができている。

峠の釜めしを食べる

横川駅といえば峠の釜めしが有名だ。


f:id:toburailwayKun:20191028145628j:image

碓氷峠を機関車で超えてた時代、停車時間を利用して、ホームで峠の釜めしの立ち売りをしていた。

今日はそれを彷彿とさせる、掛け声で売っていた。

駅のホームで峠の釜めしを衝動買いした。

限定デザインのため、普通の釜飯より高い、1200円である。普通のと80円高いが、中身は変わらない。

昔ながらの益子焼に入っている。紙の容器もあるが、立ち売りでは益子焼しか売ってなかった。趣があっていいが、重いため、かさばる。そこで、荻野屋では直営店に限り、からの釜を持っていくと無料で回収してくれる。

出しが効いててとてもおいしかった。

ホームへ

釜飯を食べたあと、ホームに行った。そこでは演奏が行われていた。また、ホームで掛け声とともに峠の釜めしを売っていた。

いよいよ出発


f:id:toburailwayKun:20191102182420j:image

駅員や観光協会の方に見送られながら汽笛を鳴らして発車

車内は暑かったので多くの窓が空いていた。

最近の電車、列車では上半分しか飽かない窓が多いが、これは下から開ける窓で全開にすることができる。

窓を開けるとき、かなり重かったので大変だった。

これが自分が乗った4号車だ。

外観、天井、クーラー無し、窓はいかにもレトロ感があるが、座席や床などは普通の客車と変わらなくなっている
f:id:toburailwayKun:20191102182435j:image

一方隣の5号車は4号車とかなり異なり、座席のフレームやひじ掛け、床が木でできていて、よりレトロ感が出ている。

来年の春には他の車両もこのようになっているだろう。

f:id:toburailwayKun:20191102214851j:image

ちなみに1号車は4号車と5号車をミックスさせた感じで、5号車と似ているが、床がグレーになっている。

横川を出て少し経つと高崎支社のSLお馴染みの子ども車掌さんのコーナーが始まった。

横川に発車と同時に車内販売も始まった。JR東日本日本では車内販売は縮小傾向で、今では新幹線でも、飲み物やお菓子、おつまみ程度になっている。

しかし、SLでは新幹線の車内販売でなくなったスゴクカタイアイスを食べることができる。バニラ以外にもある。

ただし、ホットコーヒーはSLでもない

値段は少し高いが、SLなどの特別な空間ではそれでも、払う価値はあるなと思った。

また、磯部発車後子ども車掌第二弾が始まった。

途中安中では7分ほど止まった。

車窓を見ていると、車を止めて写真を撮ってる方を多く見かけた。

大きなトラブルはなかった

横川から1時間ちょっとで高崎に着いた。

着いたあとは乗り換えの電車にすぐに乗り換えたが、撮り鉄やそうでない人もSLが完全に出るまで、見送っていた

わたらせ渓谷鐵道トロッコわっしーに乗ってきた!

今回は桐生駅~通洞駅までトロッコわっしーに乗ってきた。

桐生駅
f:id:toburailwayKun:20190810170955j:image

2両編成で
f:id:toburailwayKun:20190810171009j:image

車窓から
f:id:toburailwayKun:20190810171022j:image

下新田手前まで両毛線と同じ線路を走る。

桐生駅を、出て少し走ると渡良瀬川を渡る。
f:id:toburailwayKun:20190811082856j:image

上神梅駅をはじめわたらせ渓谷鉄道の駅には登録有形文化財に登録されている駅がいくつかある。
f:id:toburailwayKun:20190811082913j:image

大間々駅を過ぎてしばらくすると進行方向右側に渓谷が見える。よくみると水がきれいだ。
f:id:toburailwayKun:20190811082933j:image

神戸を過ぎて草木トンネルを抜けると左側に渓谷が見える
f:id:toburailwayKun:20190811083004j:image

通洞駅に近づくと銅山の施設の跡のようなものが見える。使っていない廃工場だと思われる。